風邪で節々が痛い!

インフルエンザに注意の季節・・・・風邪をひくと発熱とともに頭痛・関節痛って辛いですよね。

 

さて、この関節痛とは何なのでしょうか。

関節は「関節包」という袋で覆われています。この中には「滑液」という潤滑油が
出ています。

 

風邪やインフルエンザの細菌やウィルスが侵入すると、体は自らの免疫機能で
撃退しようとします。

 

このときサイトカイン(白血球の一種)が免疫細胞から生まれます。  

 

併せてサイトカインの過剰産生を抑制するPGE2が分泌され血液によって
全身を巡ります。

 

サイトカインが過剰になると臓器の機能不全などの悪影響があるため


 併せてサイトカインの過剰産生を抑制するPGE2が分泌され血液に
よって全身を巡ります。

 

このPGE2は発痛・発熱作用があるため、血管が集中する頭部で頭痛を起こし
そして関節包にも流れ込みます。

 

これが関節痛を起こす正体なのです。

 

風邪の時の頭痛・辛い関節痛!私たちの体がウィルスと戦っていてくれる
合図だったのです。 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,ギックリ腰,脊柱管狭窄症,坐骨神経痛,自律神経失調症,等でお悩みなら

上部頸椎テクニック,アクティベータ・テクニック 名古屋市守山区 整体 国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を