腸内環境を整える生活で免疫機能を高めよう!!

ブログ画像腸内環境を整える生活で免疫機能を高めよう!!

腸内には全身の免疫細胞の約70%が集まっています。

食べた物は唾液や胃酸によって殺菌されますが、
腸まで外敵が届いてしまうことがあります。

この外敵が血液中に取り込まれないよう戦うために、
腸には多くの免疫細胞が待機しているのです。

腸内環境は、腸内の善玉菌・日和見菌・悪玉菌のバランスによって形成され、
善玉菌が多く働いていることで腸内環境の健康が保たれます。

食べ物や生活習慣などの影響で、悪玉菌が増加して腸内環境が悪化すると、
免疫細胞の働きが悪くなり免疫機能が低下するので注意をしましょう。

●21時以降の食事は軽めに。
夜遅くの食事は消化の良い物を食べましょう。
21時以降の食事になってしまう場合は、
脂質の低い、鶏肉や野菜がいいでしょう。

ブログ画像●多種類の発酵食品を食べましょう。
発酵食品は腸内も善玉菌増加に役立ちます。
1種類だけではなく、さまざまな種類の発酵食品を
毎日取るように心がけましょう。

●ストレスをためないようにしましょう。
腸と脳は相互関係にあるといわれています。
そのため、いらいらやストレスなどの身心の不調は、
腸の消化機能や腸内環境にも影響し
免疫力低下につながるとされています。

 
2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031