腹部の膨満感 おなかの張り

夜遅くに食事をしたり、就寝前に食事をしたりすると、翌日おなかが張って不快感が残る。

 

食物が消化、吸収されるには平均3~4時間かかります。

 

夜食によって、寝ている間にも胃腸は働き続けます。

 

これが、日常的になれば、便通を悪くし、ガスが蓄積、腹部の膨満感を生みだします。

 

そしてそれは腰椎の神経を圧迫して、腰痛症にまで発展する可能性を持っています。

 

膨満感が出てきたら、

夜食を食べない、夕食も比較的軽めの物にする、空腹感が出てくるまで食べない、等を心掛け

 

腸の老廃物排出を助けるため、お茶などの水分を多めに取る、

 

また、新陳代謝を活発にするために「歩くこと」「軽めの運動」を増やすようにしましょう。

 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,ギックリ腰,脊柱管狭窄症,坐骨神経痛,自律神経失調症,等でお悩みなら

上部頸椎テクニック,アクティベータ・テクニック 名古屋市守山区 整体 国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を