上部頸椎カイロプラクティック 上部頚椎に対するアプローチ 

生命の根源である脳は、生きるのに必要な生命エネルギーを脊髄神経を通して全身に送っています。

そして、上部頚椎はその神経伝達の重要な出入り口です。

 

神経の出入り口である上部頚椎が歪んで、神経圧迫が起こると脳からの命令がうまく機能しなくなり
脳幹部(生命維持の中枢)に障害が発生して、自然治癒力の低下による、さまざまな症状を引き起こします。 

 

脊柱のなかで一番負担がかかり、動きが大きいのが<上部頚椎>と呼ばれる第一頚椎と第二頚椎です。

この二つの椎骨は常に重たい頭(約4~5㎏)を支え、前後に倒したり、左右に傾けたり、回旋させたり
三次元方向に頭を動かす役割を果たしています。

 

また、第一頚椎の上と下には椎間板が存在しないので、上部頚椎は背骨の中でも一番ズレが起こりやすい部位なのです。

 

当院では、上部頸椎の歪みを、安全に調整することで病気や様々な症状の根本的な原因を取り除きます。

 

上部頸椎テクニック・アクティベータ・テクニック 名古屋市守山区 国際基準の大森カイロプラクティック院

  

 


  

 

第一頚椎の上と下には椎間板が存在しないので、上部頚椎は背骨の中でも一番ズレが起こりやすい部位なのです。