「自律神経」④  なぜ女性が長生き?

歳をとっていくと誰もが「体力の衰え」を感じます。

 

この衰えを急激に感じるのは、男性が30歳過ぎ

女性は40歳過ぎということで、なんと10歳もの差があるそうです。

 

それに関連して「男女年代別 自律神経測定データ」によると

 

「交感神経」レベルは、加齢変化があまり無いのに対して

 

「副交感神経」レベルは穏やかな下降に加え、

 

男性は30歳過ぎ、女性は40歳過ぎでガクッと急降下したそうです。

 

「副交感神経」の低下は「血管の老化」「免疫力の低下」などを引き起こします。

 

これは、生命にかかわる要因であり、この男女差は平均寿命にも関係している

かも知れないということです。

 

やはり常に「ゆったり・ゆっくり」を意識して、「副交感神経」レベルが下がらないように保つことがたいせつです。 

 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,自律神経失調症,等でお悩みなら 名古屋市守山区 国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を