暑い夏の終わりの内臓の不調…「体が重い… ダルイ…」

暑い夏がようやく終わろううとしている。

 

この時期に「なんとなくダルイ」「体が重い」といった不調を訴える人が多くなる。

 

こうした症状に加えて、甘いものが欲しかったり、無性に炭酸飲料を飲みたくなったりしたら

すい臓に問題があるかもしれません。

 

人間は疲れてくると甘いものが欲しくなります。

 

その糖分をコントロールしているのがすい臓で、体内に入ってきた糖分を分解する

インシュリンというものをだして、血糖値を下げようとする働きをします。

 

しかし、甘いものをどんどん食べていると、糖分が多すぎて、インシュリンが働きすぎて

低血糖症になってしまいますし、高血圧症や糖尿病、肥満症といった病気の起きてしまいます。

 

特に、食事が入らない時に限って、甘いものを食べてしまいがちになります。

コンビニなどで売られている、食品はほとんどが糖製品といわれています。

 

とにかく、「甘いものが欲しい…」は黄色信号です。

注意をしましょう!

 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,内臓の不調,等でお悩みなら名古屋市守山区整体国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を