骨(関節)が「ポキッ」と鳴るのは何故?

骨(関節)が「ポキッ」て鳴ることを経験された方は

多くおられると思います。

 

でも、…。それは、ずれた関節が正しい位置に戻った音?ではないのです。

 

骨盤や背骨は、そんなに簡単にずれたり戻ったりしません。

靭帯等で周囲から、とても強力に支えられています。

 

そして、どの関節でも骨同士がこすれて、擦り減らないように

関節液が入った袋(関節包)に包まれています。

 

関節に急激な強い力が加わると、関節包中の気泡(窒素ガス)が

はじけるために「ポキッ」という衝撃音がするのです。

 

指関節を鳴らすと、一度音がしてからは

続けて鳴らないのは、その為です。

 

腰痛などの治療でも

骨が動いているわけではないのですが

「治療されている」「ズレが治る」と勘違いされるようです。

 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,坐骨神経痛,等でお悩みなら名古屋市守山区整体国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を