「ロコモ」を防いで健康長寿

ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)という言葉を耳にするようになりました。

これは、近年注目されるようになった言葉で、加齢に伴う歩行機能などの低下を指します。

筋肉や関節などに障害が起こって移動が困難になり、生活全般に支障が出ます。

主な原因は高齢化ですが、運動不足、筋肉量の低下、
骨密度の減少といった兆候は40歳代から始まるといわれ
決して高齢者だけの問題ではありません。

活動的な老後のために、若いうちから対策を考えましょう。

ロコモチェック

ロ 靴下を片脚で立ってはけない
ロ 家の中でよくつまずく
ロ 手すりがないと階段を上がれない
ロ 15分程度、続けて歩けない
ロ 青信号の間に横断歩道を渡り切れない
ロ 1リットルの牛乳パック2個程度(2㎏)の買い物を持ち帰れない
ロ 掃除機の使用や布団の上げ下ろしなど、家の中のやや重い仕事が難しい
 

上記7つのチェック項目のうち、一つでも当てはまれば要注意!