病気のほとんどがストレスから始まる⑧免疫力の低下、病気のサインを知ろう

自分の免疫力がどれくらいかを知る方法の一つに体温があります。

 

長時間労働や睡眠不足のストレスで、いよいよ限界という段階で「交感神経が緊張」し、

血流障害が起きてきます。

 

そうなると、体温も低下します。

 

36.5度~37度くらいだと免疫力は旺盛で、平熱が35度台の低体温が続く時は免疫力が低下

しかけていて、病気が忍び寄ってきたサインとして意識する必要があります。

 

ちなみにガン細胞が最も繁殖しやすい体温が35度だといわれています。

 

身体が冷えると元気になれません。

 

自律神経バランスが乱れ免疫力も低下していきます。

 

 36・5℃前後・・・・健康体、免疫力旺盛

 36・0℃前後・・・・自律神経の働きで体温を上げようとする。

 35・5℃前後・・・・これが続くと

               排泄機能低下・自律神経失調症・アレルギー症状出現

 35・0℃前後・・・・ガン細胞がもっとも増殖しやすい

 34・0℃前後・・・・生命が危い状態、回復できるかギリギリ

 

常に冷えには注意して、体を温かく保つことを心がけましょう。

・腰痛・肩こり・頭痛・椎間板ヘルニア・ギックリ腰 ・手足の痛み・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症
・膝痛・股関節痛・耳鳴り・めまい・アトピー症状・自律神経失調症・うつ症状・メンタル系症状
お身体の痛み、メンタル系症状のお悩み専門院 
(WHO)国際基準認定 大森カイロプラクティック院にご相談を

名古屋市守山区大森3丁目 大森カイロプラクティック院には、
愛知県、瀬戸市、尾張旭市、長久手市、日進市、東郷町、豊明市、知立市、大府市、東海市、知多市、
半田市、春日井市、小牧市、一宮市、犬山市、愛西市、津島市、北名古屋市、江南市、あま市、清須市
蟹江市、名古屋市名東区、名古屋市千種区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市昭和区
名古屋市中区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、名古屋市緑区、名古屋市港区、名古屋市南区
名古屋市中川区、他、岐阜県、三重県、長野県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県など
愛知県内外から多くの患者さまにお越し頂いております。