病気のほとんどはストレスから始まる④ストレスのキーマン自律神経とは?

心身のストレスに敏感に反応するのが自律神経です。

 

そのメカニズムとはどんなものでしょうか。

 

自律神経はニ種類で、

活動するときに働いて興奮の体調をつくる「交感神経」と

休むときに働いてリラックスの体調をつくる「副交感神経」があります。

 

「交感神経」は行動や運動の担当で、血管を収縮させ、血圧や心拍を上昇させ

食欲を抑制するのです。

 

「副交感神経」は休息や食事の担当で、血管を拡張させ、血圧や心拍を低下させ

胃腸の働きを活発にしたりします。

 

血圧が上がり脈が速くなるのは、興奮して「交感神経」が優位になったからです。 

その状態からリラックスして「副交感神経」が優位になると血圧が下がり始め、脈も穏やかにんります。

 

心配ごとで食欲が衰えるのも「交感神経」が優位になって食欲の抑制が始まるからで、

安心すると「副交感神経」が優位になって食欲はたちまち旺盛になるのです。

 

逆に、その時々の体調が「副交感神経」や「交感神経」を優位に導くこともあります。

 

私たちが体調が良いと感じる時は「交感神経」「副交感神経」のどちらかに傾いて、静止することなく

シーソーのようなバランスで保たれているときなのです。

 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,ギックリ腰,脊柱管狭窄症,坐骨神経痛,自律神経失調症,等でお悩みなら

上部頸椎テクニック,アクティベータ・テクニック 名古屋市守山区 整体 国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を