ギックリ腰に注意!!(猫背・出っ腹の人は腹筋の強化を)

 

     

お正月の間、また、お正月」を過ぎて、ギックリ腰の患者さまが立て続けに来院されました。

 

お正月休みで、暖房の効いた部屋でヌクヌクとして、身体の心もたるんでしまい、

日常とは違う生活で、トラブルが発生した結果といえます。

 

食べすぎや運動不足、により自然治癒力が低下して腰の部分に負担があらわれます。

 

ギックリ腰の元凶を考えてみましょう。

 

子の原因は主に三つのものが考えられます。

 

まず一つ目は、足の後ろ側の筋肉。

ここの筋肉が固くなってきて、腰を引っ張ってしまうケースです。

この場合は、足の後ろをしっかり伸ばすことで解消できます。

 

二つ目は、背中が張ってきて、腰に来るケース。

こういう場合は、首の前屈が効果的。

アゴを喉につけて、首の後ろをストレッチしてみよう。

 

そして、三つ目は、お腹。

食べすぎや、便秘、下痢などで、腹筋が弱ってしまい、真っすぐに立つことが

出来なくなって、猫背になってしまたことが原因で腰痛になってしまうケース。

 

もちろん、腹筋の強化が急務。

仰向けに寝て、膝を立てて、両方の足裏を少し浮かせて、10秒間維持する。

つぎに、足を着けて、膝の頭を首を前屈して10秒間見る。

 

上記のエクササイズをそれぞれ、5回程交互に繰り返すのを、一日に2~3回

実施してみる。

 

要点は、長いお休みでも、心も身体もダラダラしない事が肝要でしょう。

 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,ギックリ腰,脊柱管狭窄症,坐骨神経痛,自律神経失調症,等でお悩みなら
 

上部頸椎テクニック,アクティベータ・テクニック 名古屋市守山区 整体 国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を