自律神経 「ゆったり・ゆっくり」

私達は脳からのスムーズな神経の流れによって生命を維持しています。

神経の正常な働きは健康の源です。

 

ところで「自律神経」ってよく耳にされると思いますが、何だか良く解らない人が多いですよね。

 

眠っている間も呼吸していられるのは何故でしょうか?

心臓や胃で代表される内臓系が一日も休むことなく働いてくれているのは何故でしょうか?

 

これは「自律神経」の働きによるものなのです。

私達の意識とは関係なく24時間休まず内臓や血管の働きをコントロールして、生命を支えてくれているのです。

 

「自律神経」には

「交感神経…アクティブ(活動)」と「副交感神経…リラックス(休息)があり

この2つの神経のバランスを良好に保つことが大切になります。

 

特に、「交感神経」が大きく優位の状態ではさまざま不調が出現し、病気にもなりやすくなるのです。

 

身体に起きるストレスや、加齢で下がりぎみになる「副交感神経」レベルを上げるためには

まず、呼吸や身体の動きを、そうして出来るだけ気持ちも「ゆったり・ゆっくり」を意識して過ごすようにしましょう。

 

 

腰痛,肩こり,ヘルニア,自律神経失調症,等でお悩みなら 名古屋市守山区 国際基準の大森カイロプラクティック院にご相談を