とくに気をつけたい夏の食生活

生活習慣病の予防には正しい食生活が不可欠です。

ところが、夏場は食生活が乱れやすく、夏バテしたり夏太りする人も。

これらの状態は、明らかに食習慣が良くないことを示しており、改善が必要です。

カロリーや塩分をおさえ、1日三食の規則正しい食事で糖質・脂質・タンパク質をバランス良くとるのが基本。

暑いとつい選んでしまう冷たい飲み物や麺類には、糖質が非常に多く含まれます。

野菜や、良質なタンパク質を含む卵・乳製品などを意識的に増やすことで、栄養の偏りを補いましょう。