ニューロオリキュロセラピーとは・・・・?

                                     |オリキュロセラピージャパン®より抜粋

よりよば ニューロオリキュロセラピーとは                           

ニューロオリキュロセラピーは欧米に広く普及している療法です。

マイアミ大学医学部が三年間かけて、

ニューロオリキュロセラピーとトルクリリーステクニックを合わせた研究を実施して、

研究報告でのすばらしい効果により米国内では政府及び医学界から大きな関心を集めました。  

ニューロオリキュロセラピーは

健康状態全体を含む生活の質を改善するための大きな効果を示し、特に違法薬物中毒で

逮捕された人達を治療することで、三年以内に再逮捕される確率を75%から3%に下げました。

その後マイアミに最初のDrug Court(薬物裁判所)が設置され、

今日では全米に2644箇所の薬物裁判所が設置されています。(2011年12月31日現在) 

ニューロオリキュロセラピーの 歴史

ニューロオリキュロセラピーのルートは中国の鍼ですが、

耳介の特定ポイントと身体の各部との関連は近代のフランスで開発されました。

1957年フランスの医師 Paul Nogierが民間療法によって坐骨神経痛を克服した

数人の患者達が耳に瘢痕があることを知ったのが始まりであるとされています。

近代の中国では1958年に発表されたDr.Nogierのチャートを検証するための調査が

2000人の被験者を対象にして行われました。

耳介のポイントと疾病及び症状への影響との関連が調査されました。

(注:よく見る逆さ胎児のチャートはこの時期にできたもので、

数千年前からあったようなものではありません。)

その後1980年には米国のカリフォルニア大学(UCLA)のOleson教授によって診断手段としての

ニューロオリキュロセラピーの科学的精度を調べる二重盲検無作為比較調査が行われました。


 

統計学的に重要な意味のある75%の確率で40人の被験者の筋骨格系の問題部位を

正しく特定できることを示しました。

WHOは、ニューロオリキュロセラピーに用いられる用語等の統一のための国際会議を重ね、

アジア、ヨーロッパ、米国からの代表が集まった1990年のフランス、リオンでの会議で

耳介の解剖学用語を決定しました。

WHOはニユーロオリキュロセラピーを350種の症状に対して、診断、治療が出来ると認定しています。

◆トルクリリーステクニック ◆オリキュロセラピー ◆クレニアルテクニック ◆上部頸椎テクニック

・腰痛・肩こり・頭痛・椎間板ヘルニア・ギックリ腰 ・手足の痛み・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症
・膝痛・股関節痛・耳鳴り・めまい・アトピー症状・自律神経失調症・うつ症状・メンタル系症状

お身体の痛み、メンタル系症状のお悩み専門院 
(WHO)国際基準認定 大森カイロプラクティック院にご相談を

名古屋市守山区大森3丁目 大森カイロプラクティック院には、
愛知県、瀬戸市、尾張旭市、長久手市、日進市、東郷町、豊明市、知立市、大府市、東海市、知多市、
半田市、春日井市、小牧市、一宮市、犬山市、愛西市、津島市、北名古屋市、江南市、あま市、清須市
蟹江市、名古屋市名東区、名古屋市千種区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市昭和区
名古屋市中区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、名古屋市緑区、名古屋市港区、名古屋市南区
名古屋市中川区、他、岐阜県、三重県、長野県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県など
愛知県内外から多くの患者さまにお越し頂いております。  

 

 

 

腰痛・肩こり・頭痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・手足の痛み・膝痛・股関節痛・耳鳴り・めまい

自律神経失調症アトピー性症状・うつ症状・メンタル系症状  専門院

 

名古屋市守山区大森3丁目 大森カイロプラクティック院

○1回目の治療を終えた時点で、患者さんの申告は

・顔や首の動きが少し出来るようになった。(顔の伸展が少し出来る)

・痛みが軽減した。

・「身体が全体的に軽くなりました。」とのこと。