症例報告 腰痛・坐骨神経痛

◆症例申告
   40代男性
 

 ・左下肢痛を伴う、両膝の痛み、左お尻の痛みと腰痛
 ・首と肩の痛みとコリ感を伴う、後頭部の頭痛
 

・腰痛は、20年以上前からあった。痛みが出れば、その都度その都度、病院や
 針灸整骨院、整体院、カイロ院、その他、で治療をうけて現在に至る。
・当院に来院時の主な痛みは、
 4か月前より、悪化した腰と左お尻から太もも、ふくらはぎにかけての痛み。
 その他、頭痛、首・肩のコリ、両膝の痛み。
・病院でのレントゲン、MIR画像診断では、L4~L5,L5~仙骨の間にヘルニアの疑い。
・ペインクリニックで神経ブロックを施術されるが、薬が切れると痛みが再発。
・痛みは一日の間に終始あるが、特に、座位、立位の姿勢で痛みが増強。
・就寝時には痛みのために目が覚め熟睡が困難。
・仕事は主にデスクワーク、2週間前より休職中。

◆整形外科的検査
・腰部椎間板・坐骨神経に関連する代表的な検査での主な物に陽性(+)が出現。
・左臀部筋に過緊張がみられ、押圧で下肢の方へ痛みが強く出る。(梨状筋・小澱筋・中澱筋・大腿筋膜長筋)

◆カイロプラクティック検査
・後頭骨・C1・C2・仙骨に神経機能異常(サブラクセーション)を検出

◆施術:1回目
・トルクリリーステクニック(右ーCI、右ー後頭骨、右ー仙骨
・SOTテクニック(右短下肢でカテゴリーⅢ・左ーSOTOテクニック)
・1回目の治療を終えた時点で、「痛みが軽減したのが実感できました」との事。
◆施術:2回目
・患者さん感想:1回目の施術後、3日開けて4日めに治療。1回目の施術で「日常生活が楽に出来るようになった」
          座位・立位・就寝時の痛みが少し軽減したとの事。
・トルクリリーステクニック(右ー後頭骨、右ー仙骨、左ーC2)
・SOTテクニック(右短下肢でカテゴリーⅢ・左ーSOTOテクニック)

◆施術:3回・4回・5回と実施

◆施術:6回目
・5回の治療を終え時点で、左臀部・大腿部・ふくらはぎの痛みに相当の軽減がみられ、就寝で痛みで
 目覚めることは無くなりました。
・座位・立位での痛みも相当程度軽減して、座っていても、立っていても、痛みのために姿勢を変えることは
 無くなりました。
・・トルクリリーステクニック(右ーC1、右ーC1、右ー後頭骨)
・SOTテクニック(右短下肢でカテゴリーⅢ)

◆6回目の施術を終えた時点で、7回目の施術まで、2週間の間隔を取りました。
・8回目は3週間の間隔を取りました。
・現在は4週間の間隔をあけて通っていただいています。
・症状の状態としては、仕事に復帰され、日常生活にも支障がないとのことです。
・常に姿勢には気をつけて、肉体的ストレス・感情的ストレスを持ちこさないアドバイスを守っておられます

◆この患者さんは、20年来の慢性的な腰痛に起因する、感情的・肉体的ストレスでの問題でした。
 特に、仕事上、座り仕事が多く長時間の同じ姿勢が負担となるストレスが関係していました。
 それは、「プライマリーサブラクセーション」(神経の乱れ)を作り出し、「自然治癒力」が働かない状態に
 なり、身体に様々な不具合が発症します。
 

・腰痛・肩こり・頭痛・椎間板ヘルニア・ギックリ腰 ・手足の痛み・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症
・膝痛・股関節痛・耳鳴り・めまい・アトピー症状・自律神経失調症・うつ症状・メンタル系症状
お身体の痛み、メンタル系症状のお悩み専門院 
(WHO)国際基準認定 大森カイロプラクティック院にご相談を
 

名古屋市守山区大森3丁目 大森カイロプラクティック院には、
愛知県、瀬戸市、尾張旭市、長久手市、日進市、東郷町、豊明市、知立市、大府市、東海市、知多市、
半田市、春日井市、小牧市、一宮市、犬山市、愛西市、津島市、北名古屋市、江南市、あま市、清須市
蟹江市、名古屋市名東区、名古屋市千種区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市昭和区
名古屋市中区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、名古屋市緑区、名古屋市港区、名古屋市南区
名古屋市中川区、他、岐阜県、三重県、長野県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県など
愛知県内外から多くの患者さまにお越し頂いております。