症例紹介:腰痛、お尻からふくらはぎ、までの痛みとシビレ(30代 男性 事務)尾張旭市

症例紹介
「お尻からふくらはぎ、までの強い痛みとシビレ」を訴え
30代の男性が来院。

10代の頃よりの部活動で
身体を酷使したことで
腰痛は慢性になっている
とのこと。

慢性の腰痛で常に違和感、痛みなどを感じているが、
一年のうち、10回ぐらい強い腰痛が起きることがある。

その都度、湿布を張ったり、病院で痛み止めの薬を
処方してもらいごまかしていた。

今までの通院歴: 整形外科、接骨院、整体、マッサージ院

今回大森カイロプラクティック院に来院された理由。

「2か月前より、久々に強い腰痛を感じ始めて
その後、左の股関節周囲から、お尻、太もも、
ふくらはぎと足裏までに痛みとシビレを感じるようになった。

いつも行く整形外科に行き、レントゲンとMRIの画像診断を受けて
腰椎の椎間板ヘルニアとの病名を告げられた。」

当院に来られた時点での症状の状態。
朝の起床時に、床から起き出して、立ち上がろうとして
左脚に体重をのせると左股関節からお尻にかけて激痛がはしり
左脚に体重を乗せては立ち上がれなくなってきた。」

就寝時、寝返り動作で、左股関節からお尻、にかけて激痛がはしり
寝返りが出来なくなってきた。

座っていると、左股関節からお尻、太ももの痺れが強くなり
座っておれなくなり、仕事ができなくなってきた。

会社を休職して、治療に専念していたが、将来が不安になってきて悩んでいる時に、
たまたま、奥様の友人が当院に通院されたことがあり、その方のご紹介で来院されました。

検査経過
・立位検査では、体幹、右傾斜が診受けられ、左肩が右肩より下方に位置しており
頭部の右傾斜が確認された。

・骨盤ヤコビーでは、左腸骨陵が右腸骨陵に対し、下方に位置しており
 外側方向に偏っている。

・整形学検査においては、目立っての椎間板変性の兆候が診受けられなかった。
 また、筋力テストや神経反射にも大きな異常は診られませんでした。

・カイロプラクティック検査は施術を行う経過において、検査と治療を並行して行う。

治療経過

*筋膜リリース・テクニックの施術
   まずは、キネシオロジーの検査と神経反射検査で、当該症状に関連している
 筋肉の過剰な緊張を特定しました。
 過剰な緊張をしている筋肉が繋がって関係している関連筋肉の検査をおこないました。

その結果、筋膜リリーステクニックにて、関連筋肉5部位の筋肉をリリースして
症状に関連している筋群を正常の筋肉状態に緩和しました。

筋膜リリースを施術して緩和した筋肉群
頚筋膜・斜角筋・胸鎖乳突筋・横隔膜・大腰筋・腹直筋・外腹斜筋・腰方形筋
・胸腰筋膜・腸腰靭帯・(大殿、中殿、小殿筋)・梨状筋・大腿二頭筋、
大内転筋・仙結節靭帯・その他
その結果、各関節の可動域が大幅に改善され、動作痛も緩和されました。

カイロプラクティック検査と治療
カイロプラクティック検査では、

・まず左右の仙腸関節の問題が診受けられました。
 仙腸関節の問題に関与する筋群は
 あらかじめの筋膜リリーステクニックにて正常な状態に導いているため、
 カイロプラクティック・アジャストメントで 左右の仙腸関節を調整施術しました。

・カイロプラクティック・四肢テクニックにて、症状に関与しているとおもわれる、
 それぞれ左右の股関節と膝関節、足関節のアジャストメント調整施術を行いました。

・トルクリリース・テクニックでは、上部頚椎のアジャストメント調整施術をおこないました。

・その他のカイロプラクティックテクニックにて、検査をした結果、関連する腰部3か所の
 アジャストメント調整施術をおこないました。

・患者さまには、検査の都度、治療の都度、カイロプラクティック・アジャストメントの都度に説明致しました。
 施術終了後には、治療経過を説明し、普段の悪い姿勢の改善と、悪い動作の改善をお願いしました。

症状経過
最初の2週間で計4回の施術をおこないました。次は週1回の施術を5回おこないました。
最初の2週間、計4回の施術で、仕事に行けるぐらい改善しました。
週1回、計5回の施術で、お尻からふくらはぎ、までの痛みとシビレはほとんど無くなりました。
現在は、月に一度のペースでご来院されておられます。

施術者よりのコメント
この患者さまの場合は、10代の成長過程での過度なスポーツにより、完全に形成されていない
仙腸関節に様々な問題を抱えて成長されたことにより、

関連する股関節、膝関節、脊柱腰部、胸部、頸部までに及ぶ問題が生じていたと考えられる。

当然、関係する筋群のバランスは崩れ、肉体には過剰な負荷が常に生じており、
脳と神経の正常な働きと、血流の循環に影響を与え、全身の筋肉に過剰に緊張を与えていた。

よって、自然治癒力の低下をまねき、日常の生活で負担にかかる箇所や、
構造的に問題を抱えている箇所、に痛みや症状を発症したものと思われる。

仙腸関節の歪み離開と、股関節の過度な上方・内旋変位が
臀部筋群(大殿、中殿、小殿筋・梨状筋)に過剰な緊張が生じ、
血管の絞扼と神経の伸張が生じて、痛みが発生していました。

また、外腹斜筋・腰方形筋・胸腰筋膜・腸腰靭帯など
腰部に関連する筋群にも過剰な緊張が生じていました。

施術としては
・仙腸関節の離開をアジャストメントX関連する筋群をリリース。
・腰部関節のアジャストメントX関連する筋群をリリース。
・プライマリーサブラクセーションをトルクリリース・テクニックで
 アジャストメントと関連する筋群をリリース。

上記の部位は非常に敏感な箇所でもあるので、
過剰な刺激を与えすぎると反って痛みが強くなる恐れもあります。

治療するにあたっては、治療前の検査でしっかりと
問題の原因と本質を見極めてからの治療が非常に重要です。
・過剰な刺激のアジャストメントは行わない。
・筋膜の操作は柔らかいタッチで丁寧に
・的確な容量で、無駄で過度な治療は行わない。

病院や他院では治らなかった方  今までの治療では満足できない方
国際基準承認 大森カイロプラクティック院に是非ご相談下さい。