ホーム > 回復までの目安について

回復までの目安について

カイロプラクティック 回復までの目安  治療計画プログラム

 detail_xf0025050777.jpg

例えば、腰腰・ギックリ腰・椎間板ヘルニアなどの症状。どのくらいでの期間で治るのか、
何回通院すればいいのかなど、患者様の不安・心配ごとを取り除いていければと考えています。

各症状について、回復までには個人差があります。
患者様のご性別、ご年齢、お仕事、生活習慣、発症の年月と期間、その他を考慮に
入れなければなりません。

カイロプラクティック 回復までの目安(個人差がございます。)

◆肩こり・首の痛み(頚椎関節の変形なし)         3回

◆頭痛・むちうち・顎の痛み・編頭痛            5回

◆腰痛・背中の痛み・(胸・腰椎関節変形なし)       5回

◆ヘルニア・坐骨神経痛・シビレ            10回

◆五十肩・股関節痛・膝痛               10回

◆ギックリ腰・寝違え                        3回

その他の症状も、多数症例がございます。
肩が下がったり、足を組みたくなったら、再調整が必要です。

カイロプラクティックについての不安事・心配事がありましたら、ぜひ、お気軽に下記の連絡先までお問い合せください。

 

  ::治療計画【プログラム】::  

 

治療計画(治療間隔)は、

患者様ひとりひとりの症状や体質、生活環境まで考慮して決められます。

治療計画(治療間隔)は、きちんと守らないと症状が消えてもすぐに再発してしまい、

それを繰り返すとさらにひどい慢性状態になってしまいます。

 

症状の程度、年齢や生活習慣などによって、治りかたの変化が人それぞれ違うので
一概には言えませんが
 

およそ下記の様に治療を行います。

 

 ◆痛みを伴う慢性的な疾患の場合 

【腰痛・肩コリ・頭痛・めまい・酷い疲労感、などetc痛みを伴う慢性疾患】

 

初回の治療から4日~6日の間隔をあけて、経過を診ながら、3~5回程度の治療を続けます。

ある程度痛みが軽減し

院長による検査の状態が良ければ、1週間・10日・2週間・3週間と徐々に間隔をのばしていきます。

 

症状が改善され、痛みが戻ってこなくなれば、治療間隔をあけて体質改善の治療を継続します。

 

その後、

症状が再発しないように、1か月~2か月の間隔で定期的な体調管理の予防治療は非常に大切です。

 

自分の身体は自分できちんと管理しましょう。

 

 

 ◆痛みが強い重度な疾患の場合 

【椎間板ヘルニア・手・足に痛み、シビレ、などetc痛みが重度な疾患

 

初回の治療から、あまり間隔をあけずに(3日~5日)の間隔で、5回~7回程度の治療を続けます。

ある程度痛みが軽減され、

院長による検査の状態が良ければ、1週間・10日・2週間・3週間と徐々に間隔を延ばして行きます。

 

症状が改善され、痛みが戻ってこなくなれば、治療間隔をあけて体質改善の治療を継続します。

 

その後、

症状が再発しないように、1か月~2か月の間隔で定期的な体調管理の予防治療は非常に大切です。

 

自分の身体は自分できちんと管理しましょう。

 

   

 ◆ギックリ腰・寝ちがい、などetc…の急性疾患の場合

 

ギックリ腰や寝ちがいなどの急性の症状は、一度の治療で痛みが引けば良いのですが、
痛みが少しでも残っているようであれば、

日にちをあけずに3回~5回程度の治療を続けると治りが早く、慢性になりません。

 

ギックリ腰や寝ちがいを何度も発症している場合は、
症状が改善されていくのを診て、体質改善の治療を継続して行い、

その後、症状が再発しないように、1か月~2か月間隔で

定期的な体調管理の予防治療が非常に大切です。

 

自分の身体は自分できちんと管理しましょう。

 

 

  

 

お問い合わせ・ご質問について

お問い合わせ・ご質問などがありましたら、下記までご連絡ください。

サイト名 大森カイロプラクティック院 ホームページ
運営事業者 大森カイロプラクティック院
統括責任者 井上 春夫
住所 〒463-0021 名古屋市守山区大森3-1815 臼井書店2F
TEL 052-798-5331
FAX 052-798-5331
MAIL

info@soft-chiro.com

 

PAGE TOP